田中さん。 ガジェットROOM

「SONYオタク」田中さん。のガジェットブログ

【写真撮影】SONY α6000 海遊館編【神レンズ SEL50F18】

初心者 おすすめ!SONY α6000で撮影!海遊館編!

f:id:tanakasan0921:20210225163346j:plain

どうも!田中さん。です!

動物が好きな筆者は

以前、スマホ撮影の例として

次のような記事を紹介しました。

tanakasan0921.hatenablog.com

 

今回も水族館での写真撮影の記事になります。

撮影場所

大阪府 海遊館

f:id:tanakasan0921:20210821015938j:plain

有名な水族館ですよね。

入口に大きなジンベイザメの

モニュメントがあるのが特徴的ですね。

さらに、今回はスマホ撮影ではなく

ミラーレス一眼を使用した写真撮影です。 

数あるミラーレス一眼の中でも

今回、撮影に使用したのはこちらです!

使用カメラ

SONY ミラーレス一眼 α6000

f:id:tanakasan0921:20210217114031j:plain

 

この記事のポイント

ミラーレスでの撮影って難しいの?

ミラーレスで撮影するとどんな写真が撮れるの?

これから本格的に写真撮影をしてみたい

そんな方の疑問が解決する内容になっています!

初心者におすすめの内容になっていますので

ぜひ、最後までお付き合いください。

それではどうぞ!

 

 

撮影機材 ミラーレス一眼 SONY α6000 

 

今回撮影に使用したのは

SONY ミラーレス一眼 α6000です。

『安価』『軽量』『高画質』

初心者におすすめの要素を詰め込んだ

SONY ミラーレス一眼です。

 
合わせて読みたい

www.tanakasan0921.com 

撮影機材 SONYレンズ SEL50F18

 

今回メインで使用したレンズはこちら。

SONY SEL50F18

神レンズと評判のレンズです。

 

SEL50F18の特徴

焦点距離は50㎜の準望遠

光学式手ブレ補正があり手持ちにも安心

開放F値1.8と明るく自然なボケ感が楽しめる 

 

撮影写真 海遊館

 

それでは撮影写真を一気に紹介していきます。

設定は『絞り優先』で絞りを調整し、後はカメラ任せ。 

初心者でも撮影しやすい環境での撮影例です。

f:id:tanakasan0921:20201224114114j:plain

コツメカワウソ

質感はよく描写されましたが

被写体が遠く少しノイズがのってしまいました‥

f:id:tanakasan0921:20201224114134j:plain

ペンギン

被写体が絶えず動いていましたが

遊泳しているところを描写できました。

オートフォーカスの早さがすばらしいです。

f:id:tanakasan0921:20201224114142j:plain

ペンギン

手前の2羽にしっかりとピントが合っています。

くっきりと綺麗に描写されています。

f:id:tanakasan0921:20201224114305j:plain

アジ

遊泳している大群をしっかりとらえられました。

臨場感もしっかり表現できています。

f:id:tanakasan0921:20201224114238j:plain

マンボウ

50mm準望遠なので画角が合わなかったです。

また、照明の関係もあり、カメラ任せだと

青みが強くなってしまいました。

f:id:tanakasan0921:20201224114324j:plain

ウミガメ

カメラ任せでも、色味・ぼけ感がしっかり表現できています。

ピントもバッチリで表現力の違いを感じます。

f:id:tanakasan0921:20201224133002j:plain

ジンベエザメ

ピントも色味も微妙な結果に…

被写体がでかいので50㎜では少し…

存在感はしっかりと表現されたかな…

f:id:tanakasan0921:20201224114352j:plain

タカアシガニ

色味が少し青っぽくなってしまいましたが

存在感ある感じで描写できています。  

f:id:tanakasan0921:20201224114401j:plain

アークティックリラクラブ

ピントが微妙ではありますが

ぼけ感はしっかり出ています。 

 

使用感・まとめ

 

はい。ここまで撮影例をもとに紹介してきました。 

おさらいです。今回使用したボディとレンズの組み合わせは 

『SONY α6000』+『SONY SEL50F18』 

設定は『絞り優先』で後はカメラ任せ

 

良かった点

・オートフォーカスが早く瞬間を逃さない

・F値1.8と明るく、ぼけ感がしっかり

・準望遠で被写体を主役に際立った撮影ができる

悪かった点

・被写体に寄れない

・被写体によっては画角に収まらない

・カメラ任せだと色味の違和感とノイズがのる場合がある

感想としては上記の様な感じです。

 

撮るシーン・被写体はかなり選ぶレンズだと思いました。

しかし、フォーカスも早く、背景ボケもくっきり

また、準望遠の割には手ブレも少なく優秀だと感じました。 

明るいシーンでの『ポートレート撮影』

向いているのでは?と思います。 

お子さんやペットの撮影におすすめ

 

また、他の記事で違う撮影例を紹介できればと思います。

もう一度、今回のボディとレンズの組み合わせは 

『SONY α6000』+『SONY SEL50F18』

です。おすすめの組み合わせでした。

それでは、また!