田中さん。 ガジェットROOM

「SONYオタク」田中さん。のガジェットブログ

【XPERIA1Ⅱレビュー】5G対応で4Kディスプレイ搭載のハイエンドモデル

【XPERIA1Ⅱレビュー】SONY 5G対応ハイエンドモデル

f:id:tanakasan0921:20210912000423p:plain

どうも!田中さん。です!

日常生活に無くてはならないものと言えば

スマートフォンですよね。

皆さん、スマートフォンは何を使用していますか?

圧倒的にiPhoneユーザーが多いと思いますが

筆者はSONY好きということで

ずっとXperiaシリーズを使用しています。 

思えばXperia Zシリーズからずっと

愛用しているような気がします!笑

そんな、Xperiaシリーズから 

今回は、2020年6月に発売されました

SONYの5G対応スマートフォン

XPERIA1Ⅱのレビューをしていきます。 

5G対応だけでなく、SONYの一眼レフを継承した

カメラ機能やアプリも優秀になり

2020年6月時点で最高のモデルとなってます。

デザイン性・機能面がぐっと進化したXPERIA。

その性能に迫っていこうと思います。

 

この記事のポイント

デザインはどんな感じになったの?

機能面はどう進化したの?

機種変を考えているけどどうしよう?

今回の記事を読むと

その様な疑問が解決できる内容となっています。

こんな方におすすめ

スマホでよく写真を撮る

スマホでよく映画等を視聴する

スマホでよく音楽を聴く

上記の項目に一つでも当てはまる方は

知らないと絶対に損をする機種です! 

それでは、紹介していきます。

 

XPERIA1Ⅱ - スペック詳細 

f:id:tanakasan0921:20210116095414j:plain

f:id:tanakasan0921:20210116095452j:plain

Xperia1Ⅱ スペック表

 

スペックは上記の様になっております。

ハイエンドモデルというだけあり

かなり高スペックである事がわかります。

 

XPERIA1Ⅱ - レビュー項目 

価◯.comを真似する訳ではありませんが

下記の項目で評価します。

評価項目

デザイン  :外観や携帯性はどうか?

レスポンス :反応・処理・快適度

液 晶   :画質・滑らかさなど

バッテリー :持ちの良さ・発熱など

カメラ   :カメラ性能

機能面   :アプリや機種特有の機能など

評価・満足度:総合評価

詳細に機種を評価していきます。

 

 

XPERIA1Ⅱ - デザイン

f:id:tanakasan0921:20210912091113j:plain

角のアールが小さくスクエアデザインとなっています。

昔のXPERIAに戻った感じですね。

上限にベゼルを残した安定のXPERIAです。

ガラスパネルにフレーム金属の仕様になっています。

高級感があってすごくいいですね。

電源ボタンと指紋認証は一体化されています。 

f:id:tanakasan0921:20210912091412j:plain

裏面のレンズ部分です。

さりげない『ZEISSロゴ』がいいですね。

ZEISS【ツァイス】とは?

カメラのレンズで非常に有名なメーカー

ツァイスのレンズは一眼レフαシリーズ

にも多く採用されています

そんな優秀なレンズがXperia1Ⅱにも採用されています。

カメラに力を入れているのが伝わりますよね。

縦長デザインですが

薄く軽いため持ちにくさはありません。

携帯性もいいのではないでしょうか。  

 

 

XPERIA1Ⅱ - レスポンス 

下記の状況でのレスポンスを確かめました。

・スペックが必要とされる比較的重たいゲームプレイ時

・データ量の多い動画の読み込み

いろいろと試してみましたが

特にカクつくもたつくはありませんでした。

ハイエンドモデルこその

サクサク感を実感する事ができると思います。

ストレスフリーですね 

 

XPERIA1Ⅱ - 液晶ディスプレイ

これはさすがSONYです。

・21:9ディスプレイ

・4KHDR

スマートフォンの液晶にも

ソニーのBRAVIAシリーズで培ってきた

液晶技術がしっかり反映されています。

さすがの画力です。色のメリハリが際立ちます。

これは画像では伝えきれないのが残念です…

是非、実際に体感していただきたいです。

リフレッシュレートは60Hz

残像低減時は90Hzに対応

また、リフレッシュレートも高く

滑らかな映像体験に一役かっています。

また、解像度の低い動画を4K相当画質に変換する

4Kアップスケーリングにも

当たり前の様に対応しています。

ディスプレイの高画質化エンジンは

『X1™ for mobile』を搭載しており

『クリエイターモード』にも対応しています。

本当に、液晶テレビ「BRAVIAシリーズ」で人気の

SONYだからできる液晶に仕上がっていると思います。

 

 

XPERIA1Ⅱ - バッテリー

4000mAh大容量バッテリー

一日タフに使ってもなくならないですね。

参考までに、使用例としては

SNS(ライン、ツイッター、インスタ)

You Tube、ゲームアプリ、ブログです。

You Tubeは1〜2時間、ゲームは1時間程度。

朝の段階で90%あると

21時の段階でまだ60%くらいありました! .

安心のバッテリー容量ですね

 

XPERIA1Ⅱ - カメラ  

個人的にこれが一番大きく変わったところだと思います。

f:id:tanakasan0921:20210912093423j:plain

レンズ構成

広角・超広角・望遠のトリプルレンズ

3D iTofセンサー

構成は上記の様になっており

ワンタッチで3種類のレンズを変えられるため

簡単に3種類の画角が楽しめます。

レンズそのものがZEISS(ツァイス)

のレンズ(T*コーティング)を採用しており

不要な反射光を低減したクリアな描写を可能としています。

また『Photography Pro』アプリも追加され

まるで一眼レフの様な撮影が楽しめます。

SONYのカメラ「αシリーズ」の技術が

スマホにも反映された結果と言えますね。

※photo proアプリはこちらの記事をチェック

tanakasan0921.hatenablog.com

 

XPERIA1Ⅱ - 機能面

音響について機能面で少し紹介します。

Xperia1Ⅱでは

音響仕様

立体音響 Dolby Atmosに対応

ハイレゾ音源に対応

3.5mmジャック搭載

上記の仕様となっています。

音楽にも精通しているSONYだけに

感動の音楽体験ができる仕様です。

省かれることの多い3.5mmジャックがあるのは

音質重視で聞きたい方にはもってこいですね。

遅延の気になるゲームをプレイする時

などにも一役かってくれそうです。

 

その他の機能で気になった機能は次の3つです。

・マルチディスプレイ

(画面を二分割して別々のアプリを表示)

・サイドセンス

(ダブルタップで画面横からアプリを表示させる)

・HSパワーコントロール

(充電をゲームの動作に使いさらに快適に)

 

文章だけでは伝わりにくいですが

本当に便利な機能です。

他にもまだまだあるので実際に手にとって

使いまわしてみてくださいね。  

 

 

XPERIA1Ⅱ - 評価・満足度  

はい。簡単にではありますが

Xperia1Ⅱのレビューをしてきました。 

最後に評価としまして

レビュー項目ごとに5段階評価にしました。

評価

【デザイン】 :★★★★☆

【レスポンス】:★★★★★

【液  晶】 :★★★★★

【バッテリー】:★★★★☆

【カメラ】  :★★★★★

【機能面】  :★★★★☆

まさに、SONYの

映像・音響・カメラ技術すべての集大成

といった感じですね。

デザイン性はぐっと良くなったと思います。

所有欲を満たしてくれるデザインですね。

ただ、縦長デザインのため

ポケットに入り切らないので★-1しました

デザインは個人的には大満足ですが

シャープでエッジが効いており

そこは本当に好みが分かれそうなところです。 

かわいいデザインが好みの方には向かないですよね。

まさにガシェット好きの為のデザインといった感じです。 

液晶・音響・カメラは言わずもがなで満足。

いい液晶で映像を楽しむ

いい音で音楽を聴く

いいカメラで写真を撮影する

当たり前の事をいっている様ですが

そんな「いい体験」をすることができます。

逆にいうとXperiaでないと体験できません。

それくらいSONYの技術力に脱帽です。

レスポンス・バッテリーも合格点です。

機能面については

また、これから良い点・悪い点でてくると思います。 

その際は、加筆していこうと思います。

本当にSONYの企業努力を感じました。

Xperia1ⅱを手にして感動体験をしてください

それでは、また!